ジャズを中心に初心者から上級者まで、練習や上達を応援する教材づくりをめざして。ジャズギター、ピアノ、ベース、ドラム、木管楽器などの教本/楽譜/音楽理論書ほかを出版・販売。

ATN 公式オンラインショップ/J.S.バッハ : トリオ・ソナタ第6番 ト長調 - Triosonate VI in G-dur BWV 530 (AD7707)

新着商品

サイトマップをみる

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ホーム > 木管楽器 > サックス(楽譜) > サックス・トリオ > J.S.バッハ : トリオ・ソナタ第6番 ト長調 - Triosonate VI in G-dur BWV 530 (AD7707)

[グレード5]

J.S.バッハ : トリオ・ソナタ第6番 ト長調 - Triosonate VI in G-dur BWV 530 (AD7707)

フルスコアとパート譜/サックス・トリオ (SAB/SAT) 、チェロ(opt.)

J.S.バッハ : トリオ・ソナタ第6番 ト長調 - Triosonate VI in G-dur BWV 530 (AD7707)
著者名 作曲 : Johann Sebastian Bach (ヨハン・ゼバスティアン・バッハ)
翻訳者名 -
編著者 編曲 : Olaf Muhlenhardt (オラフ・ミュレンハード)
監修者 -
演奏者 -
ページ数 184
-
判型 菊倍
出版社名 Advance Music (アドヴァンス・ミュージック)
直輸入版 楽譜 サンプルあり
商品名 J.S.バッハ : トリオ・ソナタ第6番 ト長調 - Triosonate VI in G-dur BWV 530 (AD7707)
ATN商品コード 2746
ISBNコード
その他コード 原出版社番号 : ADV 7707
付属品 -
価格 3,888 円(本体 3,600 円 + 税)
ポイント 180 pt
在庫   あり   残りあと 1
個数

インストゥルメンテーション
サクソフォン・トリオ(SAB/SAT)
チェロ(オプションとして)
中級者、上級者向け。

フルスコアとパート譜 バッハがオルガンのための6つのトリオ・ソナタ(BWV 525-530)を作曲したのは、およそ1727〜1730の間、彼がライプツィヒのSt. Thomas Churchで先唱者をしていた頃です。 バロックのジャンルにおけるトリオ・ソナタでは、通常4人のプレイヤーが作品を演奏します。 ふたつのソロ・パート(ヴァイオリンとフルート、またはオーボエ)、ベース・パート(チェロ、ヴァイオリン、もしくは、バスーン)、コンティヌオ・パート(オルガン、ハープシコード、またはリュート)。

Kothenに滞在していた時期(1717-1723)、バッハはあらゆる楽器のために幾十ものトリオ・ソナタを作曲したと言われていますが、残ったのはわずかな作品だけです。 実際に、通常音楽のオファリング(ずっと後に作曲されたもの)とともに演奏される「2本のフルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ」(BWV1039)は、バッハのトリオ・ソナタとして確実に本物であると言うことのできる唯一の作品です。 バッハはもともと、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ用にこの作品をアレンジしました。(BWV1027、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ) ヴィオラが第二声部を1オクターブ下げて弾きながら、上のソロ・パートはチェンバロの右手で、演奏されてきたものです。 その後、バッハが最終楽章をオルガンのためにアレンジしました(Trio in G) このアレンジでは、ややシンプルにしたベースをペダルが演奏し、左手が第二声部を演奏します。

オルガンのための6つのトリオ・ソナタ(BWV 525-530)の楽章のいくつかは、バッハが同様にアレンジした幻の作品たちに遡るかもしれません。 多くの楽章には前期のバージョンというのが存在しており、その中でも、オリジナルでは少なくとも1つの楽章が、複数の楽器のために書かれたものであるとされています。(BWV528,I) カンタータ76番(もろもろの天は神の栄光を語り)の第二部シンフォニアは、オーボエ・ダモーレ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、バッソ・コンティヌオのために作曲されました。

ソナタ特有のリニアで室内楽的要素を含んだ傾向は上のような予測をさらに裏づけ、ふたつの楽器とバッソ・コンティヌオのためのソナタを録音した最近の音源は、予想されるオリジナル・アレンジを再構築した姿をさらに正当化しています。

6つめのトリオ・ソナタは、このコレクションのためだけにバッハが作曲した唯一の作品です。 原稿に書かれた数々の修正を見ると、バッハがこのソナタを写譜した時点では、まだ作品を練り上げている途中だったのかもしれません。

第1楽章のVivaceは、ハープシコードのために書かれたバッハの「Italian Concerto」の第1楽章を彷彿とさせる風合いをもっています。 本作品はコンチェルトの楽章ですが、ソロやtuttiのパッセージは、プレイヤーの解釈に任されている部分もあります。 冒頭のユニゾンはトリオ・ソナタのなかでも特に秀逸で、この楽章のもつコンチェルト的な特徴が強く強調されています。 最初の主題は何度もモディファイされ(音楽的な変更が加えられ)、くり返し作品中に登場します。 そのなかには、シンコペートされたもの(第53小節)、シークエンス(第73小節)、マイナー・キーでのエンベリッシュメント(第101小節)などが含まれています。 イーンタールードにあるアルペジオの発展(第37〜52、85〜100、137〜152小節)や、躍動感あふれるベースライン(第101小節)は、ホモフォニーな主題と素晴らしいコントラストを描きます。

リズムやメロディから独立した、感情に訴えかけるようなソロ・パートは、オブリガート(ヴァイオリン、フルート、オーボエ)とともにレントの部分をカンタータのアリアのように歌いあげます。 Sicilianoの要素(とくに6/8拍子のリズム)とベースが主題の発展に大きく貢献し、作品の芸術性をさらに高めています。

BWV 526、528、529と同様、ベースは最後のアレグロでも、フーガを発展させる重要な役割を担っています。 最初の主題はたった半小節であるにもかかわらず、パラレル・マイナー(平行短調)の第2テーマは4小節以上にわたり、シークエンスやモジュレーションを何度もくりかえしながら作品全体を支配しています。

音域の関係で(アルト・パートでの第1楽章の主題部分)、ソナタは原曲のキーより半音上でアレンジされています。 同様に、第156〜160小節にかけては、上の2声の上下が入れ替わっています。第21〜22小節とピックアップ(アウフタクト)の8分音符2つは、アルト・パートが1オクターヴ下げられています。 第3楽章の「8va」という記号は、記譜どおりに演奏することも可能です。

Olaf Muhlenhardt, January 2009

サンプルページ

本商品は通信販売のみのお取り扱いとなります。
輸入商品のため、当社に在庫がない場合は、原出版社より取り寄せとなります。
入荷するまで、時間がかかりますことをご了承ください。

送料について

合計5,400円以上のご注文で送料無料

商品代金(税込)の合計が5,400円未満の場合は、 地域別に所定の配送手数料がかかります。 島部へ発送する場合、追加料金が発生する場合がございます。 (海外への発送に関しては当社までご連絡ください)

関東・南東北・信越・北陸・中部 地方 650円
北東北・関西地方 760円
中国地方 860円
四国地方 970円
北海道・九州地方 1,080円
沖縄 1,190円

送料について

お支払い

前払い:クレジットカード(一括払い)
ご本人名義のカードのみお使いいただけます。
VISA,Master card,JCB,AMERICAN EXPRESS,Divers Club
後払い:代金引換(現金払い・代引手数料無料)
商品到着時に配達員にお支払いください。代引手数料は、当社で負担させていただいております。
  ヤマト運輸コレクト   佐川急便e-コレクト ゆうパックコレクト

配送について

営業日15時までのご注文は即日発送いたします。ヤマト運輸 または 佐川急便 または 日本郵便 でのご配送になります(配送業者の選択はできません)。

FAX注文・お問い合わせについて

FAX注文

FAX専用ダイヤル(03-6908-3694)でも、年中無休24時間でお受けしております(ご注文用紙はこちら)。

ATNへのお問い合わせ

お問い合わせフォーム をご利用ください。
また営業日、営業時間外でのご質問につきましては、翌営業日にご回答申し上げます。

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日および当社規定の休業日を除く)

ご返品について

商品の特性上、お客様のご都合によるキャンセル・変更・追加は一切できませんので、よくご確認の上でのご注文をお願いいたします。

このページのトップへ