ジャズを中心に初心者から上級者まで、練習や上達を応援する教材づくりをめざして。ジャズギター、ピアノ、ベース、ドラム、木管楽器などの教本/楽譜/音楽理論書ほかを出版・販売。

ATN 公式オンラインショップ/The Best of Essential Elements for Jazz Ensemble VALUE PAK (HL07011516)

新着商品

サイトマップをみる

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ホーム > ビッグバンド/オーケストラ譜 > ビッグバンド > Essential Elements for Jazz Ensemble > The Best of Essential Elements for Jazz Ensemble VALUE PAK (HL07011516)

直輸入版 Essential Elements Jazz Ensemble

The Best of Essential Elements for Jazz Ensemble VALUE PAK (HL07011516)

The Best of Essential Elements for Jazz Ensemble  VALUE PAK (HL07011516)
著者名 -
翻訳者名 -
編著者 -
監修者 -
演奏者 -
ページ数
-
判型 菊倍
出版社名 Hal Leonard
直輸入版 教則本 CD付き 英語 送料無料
商品名 The Best of Essential Elements for Jazz Ensemble VALUE PAK (HL07011516)
ATN商品コード 8211
ISBNコード 9781423436645
その他コード 原出版社番号:HL07011516
付属品 模範演奏CD付
価格 23,559 円(本体 21,417 円 + 税)
ポイント 1070 pt

この商品は現在在庫がございません。
購入ご希望の際は、以下の「お問い合わせ」よりご質問ください。

Essential Elements Jazz Ensemble 全15曲をまとめたバリューパック

これまで単売されていた ESSENTIAL ELEMENTS のバンド楽曲は、コンサートやライヴで使える効果的で平易なアレンジに加え、合装とインプロヴァイズの練習に役立つ「Workout(練習パターン)」が併載されており、指導者なしでも楽しくJAZZのエッセンスを体験できる…と、各方面で好評を博してきた。

それらの全15曲を16パートごとに一冊にまとめ、バンド全体で気楽に楽しめる「バリューパック」にしたのがこのセット。
どの楽曲にも「Rhythm Workout」「Melody Workout」「Scale Workout」「Demonstration Solo」が付属している。

Rhythm Workout」は、主旋律の音高を排除して、一音でそのメロディに内在するリズムを体験できるように工夫された練習曲。まるでモールス信号みたいに聞こえるけれど、習熟してくるとそれだけでも原曲のメロディに内在するスウィング感を体感できるようになる。シンプルだが優れたアイディアだ。まずは楽器ではなく、口でうたってみる練習がおすすめ。心と身体をときほぐす練習にもなる。

Melody Workout」は、どの楽器でも主旋律を体験できるように、という意味で用意されたもので、なかなかメロディを吹く経験がない低音楽器などのセンス向上にとても役立つのはいうまでもない。

Scale Workout」は、その楽曲の基本となる調性の上で、インプロヴィゼーションに役立つ「音」を確認するための練習パターン。メロディに付随するコードネームがどんな音で校正されているかが一目瞭然で、音階練習みたいにみえるが、漫然とこれを吹いているだけでは意味がないので要注意。メロディに内蔵された和声の流れを体感することがこの練習の目的なのだから。

最後の「Demonstration Solo」は、付属CDにも別トラックに収録されているSoloの模範例。楽曲のなかに指定された「Solo」の際にこの部分をそのまま吹けばいい…のだけれど、ちょっと慣れてきたらこれまでに練習してきた「Rhythm」「Melody」「Scale」などの練習を活かして、自分なりのSoloをつくってみよう。技術も歌心も同時に鍛えられる、効果的な練習法だ。

収録されているのは 『All of Me』、『Satin Doll』、『Take the “A” train』、『Basin Street Blues』、『Ja-Da』、『So What』などのJAZZ定番楽曲と、ラテンの名曲 『Perfidia』、1963年の大ヒットポップス 『On Broadway』 などの有名曲7曲、それに本企画の監修を務めたマイク・スタイネル作曲のオリジナル5曲。コンパクトながら、トラディショナルからモダン・ジャズ、唄もの、ラテンなど実にヴァリエーション豊かなのがうれしい。これ一冊で一晩のコンサートができるくらいの充実したラインアップだ。

下記の「掲載曲解説」にて簡単に一曲づつそれぞれの展開を紹介しよう。なお文中に「指導者の工夫」とあるが、原則的には楽譜を著作権者に許可なく変更するのは禁止されている。本シリーズを使用する指導者には「解釈」「演奏のニュアンス」の範囲内でできるだけ工夫してみるセンスが求められているのだ。

基本編成 : アルト×2、テナー×2、バリトン×1、トランペット×3、トロンボーン×3 (3番はチューバ兼用)、ギター、ピアノ、ベース、ドラム、ヴァイヴ(C)

すべての楽曲で、トランペットの最高音は五線譜を離れないGまでしか使用されていない。したがって、たとえばMC(コンサートでの司会)の裏でさりげなく流すBGMとしても使用可能。

解説 : 榎本 孝一郎 (ブラストライブ 編集長)

掲載曲解説

All of Me
トラディショナルからモダンまで、数多くの巨匠達の名演が残されている。「私の心を奪っていったあなた…どうせ盗むなら見も心も、わたしのすべてを盗んでいってほしかったのに…」と、去っていった恋人を恋焦がれるトーチソング(トーチ=松明を掲げて自分の居場所を知らせる、という意味から転じて「失恋の唄」「片思いの唄」という意味になった)の代表曲。ネスティ・アレンジのベイシースタイルを感じさせるイントロ、最後はもベイシー特有のシンプルな単音ソロでしめくくる。

Mister Cool
監修者マイク・スタイネルのオリジナル。キーはB♭。タイトルの意味は「イケてるおじさん」的な意味か? 裏拍からはじまるシンプル(クール)な主旋律をいかした8小節のイントロから、8小節×3の主部。2小節のブリッジを経て8小節一単位のインプロヴィゼーション部分は何回くり返してもOKだが、最後の繰り返しで冒頭の主旋律が「伴奏」として再現される。それが終わるとフォルティシモで別のモチーフによる8小節×2の壮大なエンディングを迎える。

JA-DA
ボブ・カールトンによって1918年に発表された歌曲。主部の構成は16小節+2小節。スウィング感を楽しむ言葉遊びのような歌詞で、タイトルの「ジャダ、ジャダ」に続いて「ジャダジャダジンジンジン」とスキャットするのが歌詞の中心。練習の際にRhythm Workoutにあわせて歌ってみるのもいいだろう。基本的には《All of Me》と同様のベイシー・スタイルのアレンジで、ラストは急速なデクレッシェンドのなかでピアノがベイシー風のフレーズを決めてフィニッシュ!

Song for SAN MIGUEL
監修者スタイネルのオリジナル。もしかしたらサンミゲル(ビールの銘柄)がお好きだったのだろうか?メロディは昭和歌謡風で、日本人好み。唄い方は模範演奏以外にもいろいろ考えられる。ソロ部分はバックの伴奏をオンオフすることによって、ジャムセッション風に複数名でソロを担当するなどの演出も可能。繰り返しを効果的にとりいれたアレンジでおしゃれにエンディングを締めくくる。技術的にも平易ながら、ダンスパーティなどにも適したラテンフレイバーの佳曲。

Sunday Afternoon
監修者スタイネルのオリジナル。日曜日の昼下がり、涼しい木陰でよく冷えた白ワインなどをかたむけながら聴く…というイメージだろうか。《SONG FOR…》に比べるとほがらかさ、のどかさが勝ったイメージ。バンドのリフ(繰り返されるモチーフ)がある名曲を想起させるが、意図的に強調することで観客を沸かせることができるかも。コンサートでは、たとえばMCのバックで流しておく、などの演出に使えるかも。

Take the “A”Train
ビリー・ストレイホーンの名曲。有名なピアノのイントロからスタート。スタンダードに演奏されるヴァージョンに置けるトランペットソロの前半は省略されており、バンドとの掛け合い部分から再現されている。キーはB♭(原曲はC)。その他、よく流通している楽譜と比べると、フレーズやアーティキュレーションが初心者向けに改変されているところをどう解釈するか(直すか、そのままさらに音楽的になるように工夫して演奏するか)が指導者のセンスのみせどころになる。

Bubbert’s Groove
監修者スタイネルのオリジナル。Bubbertという架空の人物をテーマにした一連の作品の中ではもっとも容易な楽曲。さまざまな人物設定を考えさせても面白いかもしれない。楽曲そのものは短いシンプルなモチーフの繰り返しなので、どこまで音楽的に組み立てられるかがポイント。長い音符が多いが、のばしている部分の表情の付け方や、終わりの処理ひとつで凡庸にも非凡にもなる。指導者のセンスが問われる楽曲だ。

Perfidia
ザビア・クガート(Xabier Cugat)の演奏で一斉を風靡した名曲(「ペルフィディア」と発音する場合もある)。メロディラインのフレーズがすでにクガート版で有名になった譜割とは若干異なっている部分がある。そういう部分の「解釈」がポイントとなるのはいうまでもない。ソロスペースは長いが、バンド全体の伴奏がよく考えられているので、たっぷりソロを楽しんでもらう方向でソリストを設定すべきだろう。

Ballad for a Blue Horn
トランペットもしくはアルトサックス独奏+バンド伴奏。これも監修者スタイネルのオリジナル。メロディは親しみやすく、また演奏しやすい。トランペット初心者がソロに初挑戦する時の課題曲に好適。模範演奏に含まれる「ソロ」は、メロディソロをフェイクした例、と考えるべき。

Satin Doll
エリントン楽団の演奏で有名なビリー・ストレイホーンの佳曲。細かいアーティキュレーションは記載されていないので、そこを細かく調整していくことによりスウィング感はさらに心地よい形で演出することが可能だ。

So What
マイルス・デイヴィスの口癖 (SO WHAT=それがどうした?)をテーマにした楽曲。「モード・ジャズ」の代名詞となった名盤「カインド・オブ・ブルー」収録の演奏が有名だ。普通の楽曲とは異なるコード進行、特長的なシンプルなモチーフを楽しみながら、モダンジャズ入門を試みる際に最適。

Bubbert Goes Retro
監修者スタイネルのオリジナル。8ビートによるハードバップスタイルの気分を味わえる、初歩的な楽曲。アメリカの古き良き時代の「味」が感じられる名曲だ。4ビートが難しいと感じたらこういった楽曲から試してみるのもいい。

Basin Street Blues
「ベイズン・ストリート・ブルース」は、スペンサー・ウィリアムズ作曲のトラッドジャズの名曲。本来は大人数で演奏する楽曲ではないが、ジャズが生まれた当時のスタイルを体験するためには必要な練習曲。メイン(冒頭部分は、実はヴァース=前置きにすぎない)ソロパートの伴奏冒頭部分はストップモーションと呼ばれるルイ・アームストロング考案のパターンを模したもの。「ブルース」と銘打っていても、本来のブルース形式とは異なる。

On Broadway
映画「オール・ザット・ジャズ」(1989年)に登場した大ヒット曲。作詞作曲はバリー・マンとシンシア・ワイル。初出は1950年代のブロードウェイで、最初はシャッフルだったという。それをジェリー・レイバーとマイク・ストローラーらが協議に加わり、現在の8ビートフィールに変更された。シンプルだがメロディの端々(音の出し方と切り方)をしっかり考えることによってコンサートピースにもなり得る魅力をもったアレンジ。

Blues for a New Day
監修者スタイネルのオリジナル。イントロが終わると典型的な12小節のブルース進行になる。初心者対象のブルース体験にぴったり。また、基礎練習に取り入れればブルース進行を体得しながら音出し・口慣らしも可能だ。使い勝手のよい楽曲。

本商品は通信販売のみのお取り扱いとなります。
輸入商品のため、当社に在庫がない場合は、原出版社より取り寄せとなります。
入荷するまで、時間がかかりますことをご了承ください。

送料について

合計5,500円以上のご注文で送料無料

商品代金(税込)の合計が5,500円未満の場合は、 地域別に所定の配送手数料がかかります。 島部へ発送する場合、追加料金が発生する場合がございます。 (海外への発送に関しては当社までご連絡ください)

関東・南東北・信越・北陸・中部 地方 650円
北東北・関西地方 760円
中国地方 860円
四国地方 970円
北海道・九州地方 1,080円
沖縄 1,190円

送料について

お支払い

前払い:クレジットカード(一括払い)
ご本人名義のカードのみお使いいただけます。
VISA,Master card,JCB,AMERICAN EXPRESS,Divers Club
後払い:代金引換(現金払い・代引手数料無料)
商品到着時に配達員にお支払いください。代引手数料は、当社で負担させていただいております。
  ヤマト運輸コレクト   佐川急便e-コレクト ゆうパックコレクト 前払い:PayPay
PayPayにチャージしたPayPay残高でお支払いできる決済サービスです。

配送について

営業日15時までのご注文は即日発送いたします。ヤマト運輸 または 佐川急便 または 日本郵便 でのご配送になります(配送業者の選択はできません)。

FAX注文・お問い合わせについて

FAX注文

FAX専用ダイヤル(03-6908-3694)でも、年中無休24時間でお受けしております(ご注文用紙はこちら)。

ATNへのお問い合わせ

お問い合わせフォーム をご利用ください。
また営業日、営業時間外でのご質問につきましては、翌営業日にご回答申し上げます。

受付時間:10:00~18:00
(土・日・祝日および当社規定の休業日を除く)

ご返品について

商品の特性上、お客様のご都合によるキャンセル・変更・追加は一切できませんので、よくご確認の上でのご注文をお願いいたします。

このページのトップへ